香典を辞退された状況での弔意の示し方

最近は、家族葬自体が拡大をみせていることもありまして、 香典なしで行なう葬儀が増加傾向にあります。
しかしながら、香典を拒否したら言われたとしても現実的に香典は不要なのか、 代わりとしまして何かしらしたほうが良いのかと深く悩むことは少なくありません。
まず第一に頭に入れておきたいのは、遺族自体が香典を辞退されているケースでは、弔問客に関しましては香典を下準備する必要性がないということです。
遺族が香典を辞する要因はいろいろあるのですが、辞退に関しましては遺族の考えであるため、敬意を払うのが礼儀作法といわれています。
反対に無理やりでも下準備すると、予定外の香典返しが求められ、遺族の負担が強いられてしまうこともあることから、気を付ける必要があります。
香典の他に弔問客が弔意を表すメソッドとしまして、供物、あるいは供花を贈呈するという手段があります。
供物、あるいは供花につきましては故人に対して供えるもので、充分弔意を表すことが可能となります。