お通夜や告別式に足を運べない状況での適正な対応

身近な人の通夜あるいは告別式に対して可能な限り参列したいものではありますが、 その中には都合がつかないで、参列することができないこともあり得ます。
避けて通れない事情ならば、 参列不可能だったからといって非難されることもありません。
まず第一に参列不可能な場合は、自明のことですが欠席の返事を出すことが礼儀作法になります。
訃報が耳に入った時、もうすでに参列することができない日程と認識している場合は、 欠席の答えを示すことが重要です。
そのタイミングで添える欠席要因に関してですが、 非常に細かく理由を伝達する事はしないで、都合がつかないといったキーワードを添えるのが賢明でしょう。
延々理由を伝達する事によって、中身によっては遺族に対して失礼になる懸念があるためです。
事情があって通夜、あるいは告別式に対して参列不可能な場合、絶対に欠席の連絡をすることになりますが、欠席の場合でも弔意を伝えておきたいと考える場合は、弔電を打ったり、或いは供物や、供花を贈ることはできます。