お葬式の形に変化がみられる時代です

社会情勢が大きく変わって来ている時代、お葬式なども大きな変化が見ええるようになって来ています。
その理由として、貯蓄率の低下における格差社会が広まっていることや、高齢化が進んだことから社会生活から離れる時間が長くなってしまったこと、更には孤独な老人世帯が増えていることなどが関係することで、盛大に式を挙げる人が少なくなって来ているようです。
また、親子で一緒に住むと言う機会が少なくなっていることも、葬儀を簡略化する傾向に輪をかけていると言われます。
喪主となられた方が、遠方に住んでいる場合であれば、式を簡素化して終わらすことも考えられます。
更には、亡くなった方の貯蓄がないと言ったこともあり、出来るだけお金をかけない葬儀が多くなってしまうと言ったことも、多くなっているようです。
そこには、盛大にお金をかけすぎた反省もあるのですが、人と人の和が少なくなってしまったことも、家族葬などの葬儀が多くなる原因と考えられます。